【4/18更新】CiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

博物館と連携したワークショップの可能性

DOI

書誌事項

タイトル別名
  • Workshops that Collaborate with a Museum:
  • 博物館と連携したワークショップの可能性 : 金環日食のワークショップの企画と実践
  • ハクブツカン ト レンケイ シタ ワークショップ ノ カノウセイ : キンカン ニッショク ノ ワークショップ ノ キカク ト ジッセン
  • workshop plan and practice on annular solar eclipses
  • ―金環日食のワークショップの企画と実践―

この論文をさがす

抄録

近年,博物館の4大機能のうち,「教育普及」が注目されてきた。すでに,多くの博物館では,教育を主眼においたワークショップや教材開発を実施し,高い教育効果を得ている。本研究では,博物館,大学,企業が連携を行い,2012年5月21日の金環日食をテーマにしたタブレット教材を開発し,8カ所で約300人の子どもたちにレクチャーを実施した。本論では,本ワークショップをふまえ,新しい博物館の「教育」の可能性について考察するとともに,(1)複数機関が連携した教材開発やレクチャーデザイン,(2)学びの動機付け,(3)タブレット教材の活用による参加型ワークショップが豊かな学びをもたらすことを示した。

収録刊行物

関連プロジェクト

もっと見る

詳細情報

  • CRID
    1390001205745356416
  • NII論文ID
    130004684505
  • NII書誌ID
    AA11252984
  • DOI
    10.14949/konpyutariyoukyouiku.35.87
  • ISSN
    21886962
    21862168
  • NDL書誌ID
    025057394
  • 本文言語コード
    ja
  • データソース種別
    • JaLC
    • NDL
    • CiNii Articles
    • KAKEN
  • 抄録ライセンスフラグ
    使用不可

問題の指摘

ページトップへ