【4/18更新】CiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

Folin-Denis法により測定した野草中の総ポリフェノール量

書誌事項

タイトル別名
  • Polyphenol Content in Wild Grasses by the Folin-Denis Assay
  • Folin‐Denis法により測定した野草中の総ポリフェノール量
  • Folin Denisホウ ニ ヨリ ソクテイ シタ ヤソウ チュウ ノ ソウ ポリフェノールリョウ

この論文をさがす

抄録

Polyphenols distributed widely in vegetables, fruits and teas are likely to have beneficial effects on human health, because of their antioxidative, antimutagenic, and antitumor activities. The total polyphenol content in 24 species of wild grass was measured and compared with that in 16 vegetables by the Folin-Denis assay, using caffeic acid as a standard. The polyphenol content per 100 g of fresh plant was more than 0.1 g in all of the wild grass species, but in only 7 types of vegetable. Furthermore, values over 1 g were found in 6 of the wild grass species, but in none of the vegetables. These results indicate that wild grass may be a good source for physiologically active polyphenols.

収録刊行物

  • 日本家政学会誌

    日本家政学会誌 56 (6), 405-408, 2005

    一般社団法人 日本家政学会

被引用文献 (1)*注記

もっと見る

参考文献 (18)*注記

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

問題の指摘

ページトップへ