動詞「おさえる」の多義構造 : 日本語教育の観点から

DOI IR HANDLE Open Access

Abstract

本稿は、動詞「おさえる」が持つ複数の意味を記述し、それら複数の意味の関連性(多義構造)を明らかにすることを目ざしたものである。分析の結果、「おさえる」について7つの多義的別義を認定することができた。別義間の関連性については、隠喩(メタファー)と換喩(メトニミー)という2つの比喩の観点から考察を行い、7つの別義間の関連性を明らかにすることができた。次に、以上の分析に基づき、それぞれの別義の効果的な学習指導方法について考察した。具体的には、いくつか注目すべき別義の「コロケーション」を提示することによって学習を促すとともに、それぞれの別義において想定され得る「誤用例」も提示し、その理由・原因について検討した。

Journal

Details 詳細情報について

Report a problem

Back to top