Otto Pfersmann, The introduction of a posteriori constitutional review in France : a comparative perspective

DOI IR Web Site Open Access

Bibliographic Information

Other Title
  • フランスにおける事後的違憲審査制の導入について : 比較の観点から
  • フランス ニオケル ジゴテキ イケン シンサセイ ノ ドウニュウ ニツイテ : ヒカク ノ カンテン カラ
  • フランスにおける事後的違憲審査制の導入について-比較の観点から-オットー・プフェルスマン

Search this article

Abstract

2010年11月に京都大学で講演されたプフェルスマン教授の講演内容の元となった論文を翻訳したものである。まず、ヨーロッパの付随的審査の歴史およびフランスの付随的審査の導入について論じる。次に、新たに導入された制度の手続を理解するために、具体的審査の型の分類を説明する。最後に、新たな制度により、「フランスの判例憲法のシステム」について定式化し、新制度の影響について見解を述べている。

Journal

  • 同志社法學

    同志社法學 63 (2), 1375-1402, 2011-07-31

    The Doshisha Law Association

Details

Report a problem

Back to top