【4/18更新】CiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

アケボノゾウの骨格復元とその特徴 -多賀標本を例として-(<特集>日本および周辺域の長鼻類化石研究の現状)

書誌事項

タイトル別名
  • Skeletal restration of Stegodon aurorae (Proboscidea, Mammalia) and its feature : case study in the Taga specimen(<Special issue>Recent Progress in Studies on Japanese Proboscidean Fossils)
  • アケボノゾウの骨格復元とその特徴--多賀標本を例として
  • アケボノゾウ ノ コッカク フクゲン ト ソノ トクチョウ タガ ヒョウホン オ レイ ト シテ

この論文をさがす

抄録

滋賀県多賀町から産出したアケボノゾウ(多賀標本)では,ほぼ全身の体骨格が得られている.この標本を基に,アケボノゾウの骨格復元を行った.復元骨格の肩高は193cm,体長は458cmである.脊柱の湾曲は前方でやや強く,後方で直線的である.棘突起の先端を連ねた形状は直線である.骨格は,足跡化石のデーターを基に歩行中の姿勢に組み立てられた.ツダンスキーゾウは,肩高約3.5mの大型の長鼻類である.両者の体型を比較すると,体長と体肢の比率は,アケボノゾウでツダンスキーゾウよりも胴長のわりに四肢が短いプロポーションを取る.

収録刊行物

  • 地球科学

    地球科学 54 (4), 268-278, 2000

    地学団体研究会

被引用文献 (0)*注記

もっと見る

参考文献 (32)*注記

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

問題の指摘

ページトップへ