美術鑑賞文における熟達化の分析

書誌事項

タイトル別名
  • An Analysis of Expertise in Writing about Art
  • ビジュツ カンショウブン ニ オケル ジュクタツカ ノ ブンセキ

この論文をさがす

抄録

本研究の目的は,美術鑑賞文における熟達化を分析する指標を具体化し,鑑賞文の熟達化を促す要因を明らかにすることである。まず,鑑賞文における熟達化を(1)鑑賞行為のレベル,(2)鑑賞スキルの多様性,(3)文脈の深まりの3つの指標から規定した。それらを数量化し,鑑賞文支援ソフトの使用による効果をデータ分析した結果,3つの指標によって熟達化が示唆された。また,美術鑑賞文の作成過程を記録した履歴データから4つのタイプを規定したが,それらと熟達化の明確な関連は認められなかった。しかし,熟達化を促す要因の一つとして資質が事例分析から考察された。なお,鑑賞文の熟達化を促す要因の明確化については,知識探究の方策などの視点からの解明が今後の課題となった。

収録刊行物

関連プロジェクト

もっと見る

詳細情報 詳細情報について

問題の指摘

ページトップへ