[Updated on Apr. 18] Integration of CiNii Articles into CiNii Research

Evaluation of Lattice Defects’ Ratio in Laser Beam Welds of Reduced Activation Ferritic/martensitic Steel F82H Using Positron Annihilation Method

DOI

Bibliographic Information

Other Title
  • 陽電子消滅法を用いた低放射化フェライト鋼F82Hのレーザ溶接部における格子欠陥率の評価

Abstract

核融合炉における中性子損傷やスウェリングなどの原因の一つに構造材中の格子欠陥が挙げられている.本研究では陽電子消滅法を用いて低放射化フェライト鋼F82Hのレーザ溶接部における格子欠陥率を測定した結果,母材に比べて陽電子消滅寿命が長く,転位を主とした格子欠陥が多数形成されていることがわかった.また溶接後熱処理を施すことにより,その欠陥率は母材レベルにまで減少させることができることが明らかとなった.

Journal

Details

  • CRID
    1390283659831337088
  • NII Article ID
    130007769296
  • DOI
    10.14920/jwstaikai.2019f.0_66
  • Text Lang
    ja
  • Data Source
    • JaLC
    • CiNii Articles
  • Abstract License Flag
    Disallowed

Report a problem

Back to top