【4/18更新】CiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

薬物療法により症状の緩和が得られた股関節切断術後の幻肢痛の1例

DOI

書誌事項

タイトル別名
  • Pharmacotherapy with amantadine and mexiletine was effective for phantom limb pain that developed after lower-limb amputation surgery
  • 症例 薬物療法により症状の緩和が得られた股関節切断術後の幻肢痛の1例
  • ショウレイ ヤクブツ リョウホウ ニ ヨリ ショウジョウ ノ カンワ ガ エラレタ コカンセツ セツダン ジュツゴ ノ ゲンシツウ ノ 1レイ

この論文をさがす

抄録

<p>右股関節切断術後に生じた幻肢痛に対して,プレガバリン,アマンタジン,メキシレチンの併用療法を行い,とくにアマンタジンが奏効した症例を経験した.症例は59歳女性,右下肢壊死性筋膜炎による播種性血管内凝固症候群の増悪のため,全身麻酔下に右下肢の股関節離断術を受けた.術前から強い痛みを訴えていた.フェンタニルを用いた自己調節鎮痛を行ったが,術直後より右下肢の幻肢感覚,ジセステジア,断端痛が出現した.術後3日よりプレガバリンの投与を開始したが,幻肢感覚およびジセステジアの改善はみられなかった.術後8日よりアマンタジンの投与を開始すると徐々に症状は軽快した.術後31日よりメキシレチン投与を開始し,症状はさらに軽快した.四肢切断後の幻肢痛や幻肢感覚に対して,アマンタジンは有効である可能性が示唆された.幻肢痛には確立された治療方法はなく,NMDA受容体拮抗薬が奏効する作用機序として,中枢性に幻肢痛を形成すること自体を予防する可能性がある.また感染症や凝固障害により区域麻酔が施行困難になる症例の場合,メキシレチンの投与が有効である可能性がある.</p>

収録刊行物

被引用文献 (0)*注記

もっと見る

参考文献 (0)*注記

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

問題の指摘

ページトップへ