近世後期における補助動詞テモラウ : 上方語・江戸語の対照

DOI 機関リポジトリ HANDLE Web Site オープンアクセス

書誌事項

タイトル別名
  • A Comparative Study of Kamigata and Edo Vocabulary; About the subsidiary Verb Te-morau in The Late Edo period
  • キンセイ コウキ ニ オケル ホジョ ドウシ テモラウ : カミガタゴ ・ エドゴ ノ タイショウ

この論文をさがす

抄録

本稿では、近世後期における補助動詞テモラウについて、上方語と江戸語の違いを観察した。観察の結果、複文型の迷惑タイプ、サセテモラウは、江戸語に比して上方語に多く見られることが分かった。また、江戸語では複文型の迷惑タイプ、サセテモラウが人情本からしか見られなかった。これらのことから、上方語においてテモラウの変化が先行していたこと、とりわけ、江戸語では受益タイプの制限が強かったことを述べた。

収録刊行物

関連プロジェクト

もっと見る

詳細情報

問題の指摘

ページトップへ