最新のIMS標準を実装するCanvasによる授業改善の可能性 : 法政大学における事例研究

Bibliographic Information

Other Title
  • Feasibility Study on Lesson Improvement by IMS Compliant Canvas : Case Study at Hosei University

Abstract

type:Article

米国の大学でBlackboardと同じ28%のLMSのシェアとるようになったCanvasはIMS GLCが策定する技術標準の認定を最も多く取得しているLMSでもある。法政大学情報メディア教育研究センターでは2018年度から本システムを試験的に導入し、春学期の授業で利用した。本研究では、IMS GLCの技術標準のうちLTIとCaliperに注目して、(1)教員が行いたい授業をLTIとCaliperを用いて開発できるか。(2)LTIとCaliperの利用により授業を改善できるか。ということを明らかにした。

Canvas has achieved its market share of LMS by 28% in US universities in parallel with Blackboard. And Canvas got the most number of certifications of IMS standard as well. At the end of 2017 school year, this research center introduced Canvas experimentally and the author used Canvas in class of a 2018 spring semester. This paper describes the answer for two research questions such as (1) an instructor can develop his/her course to teach using LTI and Caliper, (2) an instructor can improve a teaching quality in his/her class by LTI and Caliper.

Journal

Details 詳細情報について

Report a problem

Back to top