小学校6年生におけるポジティブ・ピア・レポートの実践報告 : 社会ネットワーク分析による一考察

DOI 機関リポジトリ Web Site オープンアクセス

書誌事項

タイトル別名
  • Practical Report of Positive Peer Reporting among Sixth Graders : A Study of Social Network Analysis
  • ショウガッコウ 6ネンセイ ニ オケル ポジティブ ・ ピア ・ レポート ノ ジッセン ホウコク : シャカイ ネットワーク ブンセキ ニ ヨル イチ コウサツ

この論文をさがす

抄録

近年,学級経営の充実が求められている。その背景にはいじめや不登校などの現代的な課題が潜んでいる。しかしながら,どのように学級経営を行ってよいか悩みを抱えている教師が多いという実態がある。そこで本稿では,学級経営の方法論としてポジティブ・ピア・レポート(Positive Peer Reporting)の実践を報告するとともに,その効果を社会ネットワーク分析によって検証した。その結果,ポジティブ・ピア・レポートによって,学級内のネットワーク構造に変容が見られた。しかしながら,ポジティブ・ピア・レポートの効果をより高めるための実践上の課題も明らかとなった。

収録刊行物

関連プロジェクト

もっと見る

詳細情報

問題の指摘

ページトップへ