低未利用地における地域主体の持続的な利活用及び活動の可能性に関する研究

DOI Web Site 参考文献1件 オープンアクセス

書誌事項

タイトル別名
  • A Study on the Possibility of Sustainable Utilization and Activity on Vacant Land and Vacant House by Local Citizens
  • Case study of Yokohama city Machi-bushin Developments
  • ヨコハマ市民まち普請事業を対象として

抄録

<p>本研究は、ヨコハマ市民まち普請事業のケーススタディから低未利用地における地域主体の持続的な利活用及び活動の可能性を探ることを目的とする。ヨコハマ市民まち普請事業のこれまでの実績からは、既存地域組織からテーマ型団体への提案主体の変化、公園・広場等の整備から交流・活動拠点の整備への提案内容の変化、公有地から私有地への整備場所の変化とともに、低未利用地が継続的に多く利活用されたことが確認できた。また、地域主体は低未利用地のメリットとして、経済性より立地性を高く評価しており、利活用時の支援として、利活用のための関連制度・制限へのアドバイスと地域内の遊休公有地の情報提供を多く必要としていることが確認できた。さらに、維持管理における課題として担い手不足と財政的な負担が多く指摘されている中、地域主体との積極的な連携から協力者を増やすことや行政機関との連携事業から財源を獲得することで低未利用地における地域主体の持続的な利活用及び活動を可能としていることを明らかにした。</p>

収録刊行物

  • 都市計画論文集

    都市計画論文集 55 (3), 295-302, 2020-10-25

    公益社団法人 日本都市計画学会

参考文献 (1)*注記

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

詳細情報 詳細情報について

問題の指摘

ページトップへ