[Updated on Apr. 18] Integration of CiNii Articles into CiNii Research

香辛料および野菜におけるラジカル消去能

Bibliographic Information

Other Title
  • コウシンリョウ オヨビ ヤサイ ニ オケル ラジカル ショウキョノウ

Search this article

Abstract

パウダー状香辛料22種類および生野菜24種類についてDPPHラジカル消去能を測定し次のような結果を得た。1. 香辛料の中では、クローブのDPPHラジカル消去能が最高値を示し、抗酸化効果の高い香辛料として広く知られているローズマリーやセージよりもラジカル消去能は高かった。2. クローブについでシナモン、オールスパイス、オレガノのラジカル消去能が高かった。3. 日本で以前から使用されているペッパー (コショウ) やレッドペッパー (唐辛子) のラジカル消去能は低かった。4. 野菜のDPPHラジカル消去能には個体差がみられたが、最もラジカル消去能が高かったのは赤ピーマンであり、次いで黄ピーマンであった。5. 野菜のDPPHラジカル消去能が、色素の種類や特定の成分含量の影響を受けるというはつきりした傾向は得られなかった。

identifier:7

identifier:KJ00004249764

Journal

Details

Report a problem

Back to top